So-net無料ブログ作成
検索選択

今日という日のこと

邦人2人の人質のニュースが発表されて以来、ずっと胃の中に鉛が沈み込んでいるような状態が続いていた。きっと、日本中の誰もが口にしなくとも、そういう状態だったことだろう。そして、湯川さんが亡くなったことを知らされ、その後、後藤さんだけでも助かるかも、奇跡が起こるかもしれないという期待を抱くこともできたが、今朝、最悪の結果を伝えるニュースを受け取ることになってしましった。
今は、ジャーナリストとして生き抜いた後藤さんの魂にただただ黙祷するしかないのだろうけれど、簡単にそこに至らないでいる。
二人を殺害した海の向こうの彼らについて、正直、僕は何の言葉も持たない。同時代で生きてきながら恥ずかしいことだが、イスラム圏に対する知識は皆無に等しい。そもそも、後藤さんをはじめ、ジャーナリストたちが命をかけて伝えようとしてきたメッセージにちゃんと耳を傾けてきたという意識もない。そう、僕にとってずっと対岸の火事だったように思う。
2004年にやはりイスラム系のテロ集団に殺害された香田証生さんのときにも衝撃を受けたはずなのに、僕の中では遠い国の出来事で終わっていたのだろうと思う。
でも、だからこそ、今回のことは対岸の火事に捉えては絶対にいけないような気がする。
自分やその周辺ハッピーであればすべて良しというのは、個としての人間の大きさを考えてみると、決して悪いことではないと思う。そういう身近なところから人間の幸福は始まると思う。
でも、それでは、シリアで亡くなった2人とそこにある世界はいつまでたっても自分は関与する必要がないということになる。
今日、このことをずっと考えていて浮かんだのは、被害者遺族という言葉だ。
今回のテロによって、日本が二人を喪ったとき、僕たち日本人は被害者遺族となった。
僕たちの国の首相は、「彼らに今回の罪は償わせなければならない」との声明を出したけれど、一般的な法治国家において、遺族が加害者に直接罪を償わせることは報復行為であって、それは許されていない行為だ。それと同じで、きっと今回のテロ集団にも日本が直接罪を償わせることはできないだろう。
加害者から直接被害を与えられた身内を持ちながらも、直接、被害者に罪を償わせることができないというギャップ。今後、僕たちはこのギャップをどのようにして埋めていくことができるのだろうか。
安倍首相は、「人道的支援の推進」を語った。それも大切なひとつだろう。しかし、それだけでは解決できる問題ではないのは明らかだ。
被害者遺族として、今回のテロを起こした彼らのこと、その背景、そして、そこから導き出される問題を真摯に考えること、結局、それを続けるしかないだろう。
そして、究極、僕たちが考え、知らなくてはならないのは、「人間」というものの存在だ。
彼の国の処刑係は人間を超えたモンスターではないはずだ。彼も人間であり、あの場に駆り立てた出来事がきっとあったはずで、立場さえ異なれば、僕も、そして誰もがきっと彼になりうる要素は持ち合わせているにちがいない。
どんなに悲しくとも、きっと、それが人間という生き物なのだ。
その前提に立ち、「人間」を考えていくしかないような気がする。
信じるものも、ものの見方も、ときには善悪さえも異なる他者のことを考え、理解し、どのようにして付き合っていくか。それしかないと思う。

宗教学者のジョゼフ・キャンベルが、「生きるよすがとして神話」という書物の中で、「神は一人しかいない。神のまわりにはたくさんの窓があり、みな、その窓から見る神を唯一の神と信じている」という内容のことを書いていた。
この本を読んだのはもう20年近く前のことになるのだが、神を信じていない僕は、「神」を「幸福」と捉えた。
それぞれの価値観に照らし合わせると幸福のかたちも変わる。しかし、人間の究極の幸福は価値観がどうあれ、愛され愛することだ。
そこに至ったとき、決して理解できない他者がいるという事実があったとしても、多くのことを肯定していく糸口があるのかもしれないと思ったものだった。
僕たちは、亡くなった二人のためにも、もう一度、人間について考えなければならないと思う。彼の国の人たちが僕たちに突きつけたのは、僕たちが抱えている「人間」への理解のなさに思えてならない。

湯川さんと後藤さん、彼の国に亡くなった多くの魂が安らかに眠る日が来ること、ご家族の悲しみが癒える日が来ることを願ってやみません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。