So-net無料ブログ作成
検索選択

個展「あたらしい糸に」始まります。

昨日、上京し無事に銀座ニコンサロンでの設営を終えました。
若干の並びの変更もありましたが、まずは初日を迎えることができてホッとしています。2週間の会期中10日間ほど滞在します。今の僕にとってこの在廊期間というのが写真展を行う大きな意味だと感じています。
たくさんのお客さまが自分の撮った写真から何を感じてもらえるのかを体感できる貴重な機会です。日常の依頼仕事ではチームでの作業となりますが、作品制作行為とは孤独な作業です。
そういう意味では自分の作品が立っている場所が、今の時代にどういうかたちで関われるのか、そういうことをぼんやりと感じられる時間が在廊期間だったりします。
また、写真展ではずっと自分の写真と対峙することになります。展示の時点ですでに感じてしまったのですが、自分の写真の稚拙さと未熟さに痛感させられ、写真展をすることに不安を覚えたりもします。
とはいえ、そう簡単に変わっていけないのが写真を撮る難しさでもあります。写真展を通じて少しずつでも、撮るべきものの核に近づいていければと思っています。
東北の祭礼に向けるカメラの行き先はどこに定めていけばいいのか、在廊期間ではそういうことも自分なりに考えていきたいと思っています。
そして、ご覧頂いた方々には、同時代に行われている祭礼が自分の暮らす世界から遠く離れた異文化的な行為ではなく、行為を行う人のなかにある同じ「今」を感じていただければ幸いです。その「今」のなかに、祭礼という行為を続ける意味が見つかるかもしれませんし、あるいは祭礼を必要としなくなる時代や心理も見えてくるかもしれません。
本日から9月8日までの会期となります。どうぞよろしくお願いいたします。
image.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。