So-net無料ブログ作成
検索選択

snow#2

_1020177.jpg

_1020183.jpg

_1020195.jpg

_1020209.jpg

_1020245.jpg

_1020214.jpg

_1020231.jpg

夜から朝へ。
朝日が昇り始める刹那、大気はかすかな熱をも絞り上げるかのように凛と冷え込んでいく。
足下では歩くたびに雪が鳴き、森の木々はいよいよ静けさを増す。
雪の色が次第に変わってきたと思ったら、木立の中から今日の太陽が光を突き刺してくる。
雪は光をしずかに受け止め、いつもの朝が始まっていく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。