So-net無料ブログ作成

笑顔とか

GS227_DSC7171.jpg


昨年2月から毎月、仙台の一番町にあるKuraxというファッションビルで、家族や恋人たちのモノクロポートレートを撮るという仕事を続けている。

買い物に来られたお客さんに声をかけ、その場でレフ一枚で撮らせてもらうというスタイルで、これまで約500組以上の人たちをカメラに収めてきた。
人には様々な表情があるけれど、この撮影ではとにかく笑顔にカメラを向ける。

もし、「持たざる人」と「持てる人」という現実があったとしても、笑顔だけは誰もが持ちうることができる宝物だろう。
笑顔で自分の中にあるものが変わり、笑顔でそれを受けた人が変わっていく。
笑顔とは、人が持っている一番強い力なのかもしれない。

初めて会った人がカメラを向ける僕に最高の笑顔をくれるわけはないことはわかっている。
それでも、みんな本当に素敵な笑顔をしてくれる。

それは傍らに好きな人が存在しているからだと、いつしか気づくようになった。
恋人、家族、みんな自分が大切とする人の笑顔に誘われるように、あるいは大切な人に笑ことを促すように、頬を互いにあわせ、笑ってくれる。

大切な人といる時間が実は一瞬に過ぎないということは誰もが知っている。永遠なんでどこにもないことも。先日のNZでの災害のように何もかもが簡単に壊れてしまう。僕たちは本当に無力で、ただただ、不条理にさらさられている。
でも、その一点と今の幸福を比較した結果、笑顔になれるということでもない。きっと。

なんと言えばいいのだろうか。
「今」が持ち得ている空気といえばいいだろうか。
先のことを思い浮かべたり、過去のことを思い出したりではなく、今という時間に自分も大切な人も、すべてが包まれているという在りようが、どこまでも豊かで深い安心感につながっているのだろう。
だから、面白いわけでもなくとも、本当に屈託なく笑うことができるのだと思う。

そして、写真機は、その大切な今を切り取ることができる、唯一の道具だと思う。
本当にたった一枚の紙にしか過ぎない写真からは、「今」がとめどなくあふれだしてくる。
写真が、写真であり続けられるのも、そんな理由からだと思う。




nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

山下隆博

「今」がとめどなくあふれだしてくる。

かっこいいですね。最高です。

自分もそんな事言える様になりたいっす。
by 山下隆博 (2011-03-08 21:01) 

奥山淳志

タカちゃん久しぶりです!
読んでくれてたんですね。どうもありがとう。
僕のこことはさておき、タカちゃん、もうすぐ1WALLの最終決選ですね!
GGからのDMで知りました!さすが!
グランプリ獲得、応援してますよ!
by 奥山淳志 (2011-03-11 10:48) 

山下隆博

ありがとうございます!

てか、地震大丈夫ですか?

無事でしたらレスお願いします。心配です。
by 山下隆博 (2011-03-11 18:08) 

河合 学

奈良からです。 地震大丈夫ですか? 
by 河合 学 (2011-03-12 00:32) 

奥山淳志

ご心配ありがとうございます。
ロケ中に地震にあいましたが、無事に過ごしています。
水とか電気とか、生活が少し不便になった程度で、三陸で被災された方々に比べると、本当に幸運な状態です。
まだ余震が続くようですので皆様もお気をつけください。

奥山淳志
by 奥山淳志 (2011-03-13 20:26) 

山下隆博

本当に良かった。
by 山下隆博 (2011-03-14 23:00) 

泉学

2010年7月ごろ、KURAX前にて撮影していただきました。その時のVol49は大切に保管してあり、時々引っ張り出しては懐かしく拝見しております。妻との間には二人の子供がおります。

ありがとうございました。
by 泉学 (2015-09-16 13:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。